Make your own free website on Tripod.com


うちのタマ知りませんか?

「みつあみ引っ張って」

サークル仲間と行った
あのビーチのドライブも
いつもどおり二人だけ
こっそり逃げ出したね

分厚いレンズの眼鏡 ギザギザ麦わら帽子
靴の砂振って
君が片手でかじったライパン

いろんな街や いろんな人に
出会えたのは そう 全部君がいたから

みつあみ引っ張って ふざけあった二人
今はもう戻れないけど
あんなにさわいで どさくさに紛れて
抱きついたシャツの匂い 覚えてる

むきになってさがしたね 砂浜 ピンクの貝殻
今は宝箱の中 そっと眠ってます

涙にゆがんだまつげ 困った顔で見ていた
あの君も都会はなれ
就職したと聞いたけど

コーヒー飲んで 苦いフリした
あの夏の海は とてもまぶしかった

みつあみ引っ張って ふざけあった二人
君となら なんでもできたね
どこに暮らして 他の誰といても
あの思い出なら 輝きつづける

朝早いラッシュにゆられて
ウェーブした髪 なびかせて
夏の高い空 ひとり泳いでる

みつあみ引っ張って ふざけあった二人
今はもう戻れないけど
どこに暮らして 他の誰といても
あの思い出なら 輝きつづける